カーテンを選んで部屋を華やかに

一人暮らしに適したカーテンを選ぶ

カーテン一つで、お部屋の雰囲気はガラッと変わってしまうものです。
特に一人暮らしの場合には、自分が作りたいお部屋のイメージにあったものを選ぶことがポイントです。
カーテンの色を家具に合わせて選ぶと、一層統一感のあるおしゃれな部屋作りができるでしょう。
また色に加えて重要なのは、遮光性です。
一言で遮光性と言っても、幾つかのランクに分けることができます。
そこで、入り込む日差しが強い部屋には遮光性の高いカーテンを選ぶことができるでしょう。
一人暮らしの部屋は、ワンルームで窓が一つしかない場合が多いものです。
その場合には、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのが最善でしょう。
たとえば、夜勤の仕事をしている方であれば、夜勤明けはゆっくりと寝ていたいと思うものです。
そんな方には、日差しをしっかり遮ることのできるものがお勧めです。
また一人暮らしの女性なら、防犯のために遮光性の高いものを取り付けると同時に、レースのカーテンで二重にするなら、昼間でも中が丸見えになってしまうことはないでしょう。

一人暮らしを始めた際に必ず用意したいカーテン

一人暮らしをする上で欠かせないのはカーテンの存在です。
意外と引越し当初は忘れてしまいがちだったりしますが、カーテンがあればしっかりとプライバシーを守れます。
外からの視線は案外自分が思っている以上に目立つものなので、どういった行動をしているのか他の人に見えてしまいがちです。
とくに、低層階に住んでいる場合には、きちんと初日からかけるようにしなければ、道を歩いている人に部屋の中を覗かれてしまう可能性があります。
そういった困った事態を回避するためには、引越し前からカーテンをきちんと準備しておきましょう。
内覧の段階で必要なサイズと数を予め不動産屋に問い合わせをしておくことが大切です。
寝室、リビング、玄関など窓のあるところにはかけるようにして、外からだけではなく、中から見える視線についてもカットすることが防犯対策の第一歩なのです。
部屋に入った段階でまず最初にカーテンをかけて、清々しい気分で新生活を迎えましょう。

Last update:2017/2/7

Copyright 2015 Curtain Call. All Rights Reserved.